英語に翻訳するとよくあるミス第1:直訳

直訳より翻訳しないほうがいい

tdown 日本語の常套句を文字通り訳してしまう

日本語はお愛想、そしてしばしば予定調和の言語です。誰かに何かをしてほしい時、「宜しくお願いします」 と言いますが、これは当然してもらうべきことであると理解されます。今日たくさん働いた人がいれば、「お疲れさまです」 を言います。しかしこれを英語に文字通り翻訳すると問題が生じます。例えば 「お疲れさまです」 は英語で「あなたは疲れているに違いない」と字句通り英訳されるかもしれません。これを誰かに言うとなると、その人の疲れ切った様子を指摘するようで甚だ 失礼にあたります。ネイティブは、その人がどこか調子が悪いのかと思うでしょう。手紙やメールではさらにおかしく聞こえます。

mis3

tup 言いたいことを伝えるために正しい言葉を使います。該当する語がない場合は削除するか、あるいは類似したものを使用します。

tsujiruはあらゆる日本の常套句に精通しており、これらを自然な英語で表現する方法を知っています。多くの場合それはコンテクストによって異なるため、私たちは編 集中の記事のコンテクストを見きわめ、ベストなものを選びます。同じことを多数の方法で言い換えることができるのが、英語の醍醐味です。心配ご無用、その 作業は私たちが行います。お任せします! Leave it to us.