英語圏へ向けて貴方の想いを伝えませんか?
編集者アダムのリアル英語のちから

英語

英語に翻訳するとよくあるミス第5:(かっこ)

英語に翻訳するとよくあるミス第5:(かっこ) あなたの[かっこ]はかっこ悪い   日本語では(かっこ) と [カギかっこ], そして <以下/以上>などを使い題名を表します。   日本語では(かっこ) と [カギかっこ], そして <以下/以上>などを題名に用います。ですが、英語は違います。とても単純なことで、議論する必要すらありません。残念なことに、未熟な翻訳家あるいは翻訳するスキルのない人たちは日本語原稿の中にある句読点まで、見る物全てを丸写ししてしまいます。本来翻訳家の仕事というのは、ただ単に言葉を一つの言語からもう一つの言語へ変えるだけではなく、それぞれの国の特色に合わせて訳されるべきです。日本人のクライアントは通常ローマ字を翻訳の依頼原稿中に含めたり、時々それらの綴りを間違い、また全ての文字を大文字で書いたりしますが、残念ながら未熟な翻訳者は文字通り全ての言葉を一言一句訳してしまうのです。それと全く同じ事がかっこやカギかっこに当てはまります。それらはクライアントから要望がない限り、必ず自然な言葉を使用する必要があります。だからこそ弊社がお役に立てるのです。なぜなら多くの場合翻訳が十分ではないからです。貴社を知ってもらう為には、その言語に適した完璧な翻訳が必要なのです。   ボールド体、下線、大文字、文字の大きさ、または何も使わない事!!   英語におけるかっこやカギかっこは、文脈の中に含まれる文章の何らかの不必要な情報を表すのに使用します。 例:Senator Elizabeth Warren (D: Massachusetts) accused big banks of cheating customers. かっこは学術的な書物などを参照する為にも使われます。 例:Sugar has been found effective in raising mood levels in monkeys (Allen 2010a). カギかっこは時々かっこのような使い方をしますが、少し違った要素も含まれています。例えば、新聞や雑誌などの言葉を引用する時、まれに余分な情報を付け加える事で読者に分かり易くします。 例:“Yankees third-baseman Alex Rodriquez said he was happy that [the crowd …

英語に翻訳するとよくあるミス第4:訓令式

英語に翻訳するとよくあるミス第4:訓令式 「Sinjyuku」ってなんですか?と迷ってる外国人はよくいる   ヘボン式ローマ字の代わりに、旧式の訓令式を使用すること このブログでは、2つの表記体系の歴史について掘り下げる必要はあり ません。私たちは単純に、訓令式は非日本語圏の人にとって、発音の間違いの多くの原因になると伝えたいのです。というのも、外国語のアクセン トで発音すると、意図されているものとはかなり違った発音になるものがあるからです。 例えば、「新宿」は、 訓令式では「Sinzyuku」 または「Sinjyuku」 ですが、その通りに発音すると「セィンジュク」といった具合になります。一方 、ヘボン式での「Shinjuku」の場合、「シンジュク」以外の発音をする可能性はほとんどありません。その他の例としては、「Matsuko Mizusawa」という人名は、訓令式では「Matuko Midusawa」と表記されますが、これは英語のアクセントで読んだ場合、「マトゥコミドゥサワ」といった風に聞こえます。 英語圏の日本語教師の中には、旧式の体系を使い続けている人がおり、英語を母国語とするさらに分かりづらい教師が存在し、つづりは混乱します。その結果 が、企業の重要な文書、報告書、高額な契約書等に現れるのです。これらの文章は洗練されておらず、貴社が時代遅れで、世の中に疎い企業というイ メージを与えてしまいます。これは、あなたが避けるべきことでしょう。   ヘボン式を使用すること 私たちは、これらの違いを見分けることに慣れており、見つけたらすぐに訂正します。これは私たちの仕事の一部です。 私たちの目標は、あなたの翻訳を自然で、流ちょう、現代的で、効果的にすることです。あなたがローマ字で日本語を書かれる際に、非日本語圏の人ができるだ け簡単に発音できることを、確実にしたいと考えています。

Matida-Machida

英語に翻訳するとよくあるミス第3:MS明朝等

英語に翻訳するとよくあるミス第3:MS明朝等 MS明朝を使うのはNOT FOR ENGLISH!  MS明朝やMSゴシックなど日本語のフォントを英語に使うこと 私たちは東京の近代的で格好良く、効率的かつ清潔な電車のシステムが大好きです。この巨大なネットワークのうちのひとつに、新宿駅と東京の西側郊外を走る小田急線があります。小田急線は長年の間、より速く効率的で快適なサービスを目指して線路や駅を改装してきました。この線はまた多くの外国人-移住者、観光客(なぜなら箱根に最も簡単に行けるからです)-に利用されています。 数年前、小田急の会社は駅の看板すべてを新しくして日本語、韓国語、中国語、そしてもちろん英語のラベルを設置しました。しかしながら、恥ずかしくも視野の狭いことに、彼らはMSゴシックを字体として選んだのです。 MSゴシックは日本語のテキストを書くときに使われる日本語のフォントですが、外国のスタイルにまったく見識の無い日本人は、MSゴシックまたはMS明朝を英語にも使って書くことがあるのです。これらの二つのフォントはおそらく、日本で出版された90%の観光客向けの文献に使われているでしょう。これらのフォントを使って英語を書くことは、鉛筆や黒のクレヨンを使ってビジネスレターを書くのと同義といえます。角張っていてサンセリフ体で、見苦しいフォントです。これらのフォントは小規模のビジネスのウェブサイトのみならず、主流の大企業、諸官庁、サインや文学など国内・国外のあらゆるところに使われているのです。   外国人の目からすると、これらのフォントはまるでコンピューターやワープロさえまだ無かった1960年代のもののように見えます。小田急の編集者は少なくとも Times New RomanやVerdanaなどのスタンダードな英語のフォントを選ぶことができたでしょう。これらのフォントはこれといった特別な美術的なクオリティはありませんが、少なくとも自然に見えます。ですが代わりに、会社はまるで、日本は外国人のリアクションは理解せず-理解したくもなく-本来ならば真の国際都市になれるはずなのに“まあ適当で良し”という感じを促進して満足しているように感じられます。 あなたは MSゴシックやMS明朝をあなたのウェブサイト、書簡、サインなどに使いますか?これらのフォントを使うことで、あなたがどんな印象を与えているかお気づきでしょうか?  英語にはネイティブな英語のフォントを使いましょう 真のグラフィックデザインは私たちが所有することのない芸術です。しかし、私たちが所有するのは外国人がテキストにどのように反応するかの理解です。小田急の件は私たちを戸惑わせ違和感を覚えさせられましたが、これはなぜなら愛する東京にはクールでありナチュラルに見えてほしいからです。そして私たちはたくさんの日本人が英語のウェブサイトにて同じ間違いを何百、何千も繰り返しているのを目にします。私たちはあなたのホームページの内容を満たすために最適なフォントを提案しつつ、喜んであなたのために改善して差し上げます。

1 2 3 »

メルマガ登録

メルマガに登録して特典やクーポン、お得情報をGET!!


フェイスブックで繋がる

最近のツイッター



英語の校正、ローカライゼーション、編集、中小企業、NGO/NPO、自営、ホームページ、SNS、アマゾン、ヤフー、オークション、アリババのページ、フェースブック、ツィター、海外販売・貿易、グローバル化、異文化間コミュニケーション
PAGETOP
Copyright © tsujiru All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.