英語圏へ向けて貴方の想いを伝えませんか?

編集者アダムのリアル英語のちから

  • HOME »
  • 編集者アダムのリアル英語のちから

英語に翻訳するとよくあるミス第6:MSワードのフォント

  MSワードの文書に、いつも10.5ポイントのCenturyフォントを使う。電子メール プログラムなら自分で選択したフォントが普通は使用されるため心配ないのですが、日本語版のMSワードではどういうわけか、10.5ポイントのCenturyフォントがデフォルトで使用されてしまいます。このフォントは…ださいです。ネイティブの日本語フォントで英語を書くよりはマシですが、Centuryは地味であまり使われず、どこか不自然な感じがします。10.5ポイントになるのも意味がわかりません。弊社でこの疑問の答えを探してみたのですが、結局見つからず、謎のままです。悲しいことに、この不可解な謎のため、日本には不格好な10.5ポイントのCenturyを使った文書があふれかえっています。同じように、PowerPointのデフォルトも、あまり知られていないCambriaフォントになっています。これも理由は不明で、やはりよい選択とは言えません   迷ったときは、Times New RomanかArialを10ポイントか12ポイントで文書に使用する。これらのフォントは最もよく使用され、無難な選択です。プレゼンテーションの場合はもう少しクリエイティビティを発揮する余地がありますが、Times New RomanやArialが無難に感じられますし、Tahoma、Geneva、Helveticaなど、人気のある他のネイティブの英文フォントを試してみるのもよいかもしれません。英語の有資格者であろう編集者の多くは、この問題を修正もせず、うっかり見過ごしてしまうことでしょう。弊社は、この問題を即座に見つけ、修正します。貴社がどうしてもCenturyフォントを10.5ポイントで使いたい、というのであれば話は別ですが。

Fonts

英語に翻訳するとよくあるミス第5:(かっこ)

  日本語では(かっこ) と [カギかっこ], そして <以下/以上>などを使い題名を表します。   日本語では(かっこ) と [カギかっこ], そして <以下/以上>などを題名に用います。ですが、英語は違います。とても単純なことで、議論する必要すらありません。残念なことに、未熟な翻訳家あるいは翻訳するスキルのない人たちは日本語原稿の中にある句読点まで、見る物全てを丸写ししてしまいます。本来翻訳家の仕事というのは、ただ単に言葉を一つの言語からもう一つの言語へ変えるだけではなく、それぞれの国の特色に合わせて訳されるべきです。日本人のクライアントは通常ローマ字を翻訳の依頼原稿中に含めたり、時々それらの綴りを間違い、また全ての文字を大文字で書いたりしますが、残念ながら未熟な翻訳者は文字通り全ての言葉を一言一句訳してしまうのです。それと全く同じ事がかっこやカギかっこに当てはまります。それらはクライアントから要望がない限り、必ず自然な言葉を使用する必要があります。だからこそ弊社がお役に立てるのです。なぜなら多くの場合翻訳が十分ではないからです。貴社を知ってもらう為には、その言語に適した完璧な翻訳が必要なのです。   ボールド体、下線、大文字、文字の大きさ、または何も使わない事!!   英語におけるかっこやカギかっこは、文脈の中に含まれる文章の何らかの不必要な情報を表すのに使用します。 例:Senator Elizabeth Warren (D: Massachusetts) accused big banks of cheating customers. かっこは学術的な書物などを参照する為にも使われます。 例:Sugar has been found effective in raising mood levels in monkeys (Allen 2010a). カギかっこは時々かっこのような使い方をしますが、少し違った要素も含まれています。例えば、新聞や雑誌などの言葉を引用する時、まれに余分な情報を付け加える事で読者に分かり易くします。 例:“Yankees third-baseman Alex Rodriquez said he was happy that [the crowd at Yankee …

英語に翻訳するとよくあるミス第4:訓令式

  ヘボン式ローマ字の代わりに、旧式の訓令式を使用すること このブログでは、2つの表記体系の歴史について掘り下げる必要はあり ません。私たちは単純に、訓令式は非日本語圏の人にとって、発音の間違いの多くの原因になると伝えたいのです。というのも、外国語のアクセン トで発音すると、意図されているものとはかなり違った発音になるものがあるからです。 例えば、「新宿」は、 訓令式では「Sinzyuku」 または「Sinjyuku」 ですが、その通りに発音すると「セィンジュク」といった具合になります。一方 、ヘボン式での「Shinjuku」の場合、「シンジュク」以外の発音をする可能性はほとんどありません。その他の例としては、「Matsuko Mizusawa」という人名は、訓令式では「Matuko Midusawa」と表記されますが、これは英語のアクセントで読んだ場合、「マトゥコミドゥサワ」といった風に聞こえます。 英語圏の日本語教師の中には、旧式の体系を使い続けている人がおり、英語を母国語とするさらに分かりづらい教師が存在し、つづりは混乱します。その結果 が、企業の重要な文書、報告書、高額な契約書等に現れるのです。これらの文章は洗練されておらず、貴社が時代遅れで、世の中に疎い企業というイ メージを与えてしまいます。これは、あなたが避けるべきことでしょう。   ヘボン式を使用すること 私たちは、これらの違いを見分けることに慣れており、見つけたらすぐに訂正します。これは私たちの仕事の一部です。 私たちの目標は、あなたの翻訳を自然で、流ちょう、現代的で、効果的にすることです。あなたがローマ字で日本語を書かれる際に、非日本語圏の人ができるだ け簡単に発音できることを、確実にしたいと考えています。

Matida-Machida
1 2 3 »

メルマガ登録

メルマガに登録して特典やクーポン、お得情報をGET!!


フェイスブックで繋がる

最近のツイッター



英語の校正、ローカライゼーション、編集、中小企業、NGO/NPO、自営、ホームページ、SNS、アマゾン、ヤフー、オークション、アリババのページ、フェースブック、ツィター、海外販売・貿易、グローバル化、異文化間コミュニケーション
PAGETOP
Copyright © tsujiru All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.